こころ呼吸【ふかマンの場合】その2

皆さん、おはようございます。
観相師ふかマンです。

昨日は我ながらハードなことを書いてしまったな。
と、思いました。が
自分にとっても大切なことなので、今日も引き続き書いていきます。

どんな文章になるのか・・・
アドリブで書いているので、この時点では全く予測不能です。
それでも宜しくお願いできたなら、本当に幸いです。

さて、本題を書き始めます。

前回にも記入した通り。
私には2つの課題を抱えています。

そのうちの1つが親から受けた虐待です。
それも“教育”という名前を借りた。

今ではこうして、繰り返し
「あれはどう考えても『児童虐待』だった」と言えるようになりました。

・・・強く確信もって言えるようになったのは

実は3ヶ月ほど前からです。

それまでは、常に心のどこかに
「親の期待に応えられなかった自分が悪い」
「親の教育についていけなかった自分の精神力が弱すぎた」
というものをずっと引きずってました。

私が親の言うことを聞かずついていけなかったから
そこから『人生が壊れた』と思っていました。

前回の続き

3回目のセッション、から話を続けます。

3回目のセッションは、スクールの一室をレンタルして行いました。

横になって、目隠しします。

そして、事前の打ち合わせ通り
真伊の呼吸うながしのリズムに従って
息を吸って吐いて・・・

「まだまだ呼吸が浅い」との指摘に
より深く呼吸していきます。

「もっと、もっと」
さらに指摘が入ります。

呼吸に集中していくと、身体中を軽く叩かれました。

その叩きのリズムや感じが
感覚をいっきに30年以上前に巻き戻してしまいました。

はじめて真伊のセッションを受けた時の私は36歳。
30年以上前ですから、5歳位の私の記憶がよみがえった形になる。

5歳前後の私が身体中叩かれている。

・・・これはセッションですから
軽く叩かれても、可能な限り呼吸を続けていました。

呼吸しながら、叩かれる刺激を受けている
その時に出てきたのは「母親」でした。

眉間にシワを寄せ。
それ以外の部分は無表情に
裁縫に使う一メートルの竹定規で私を叩く。少なくとも30分以上、竹定規を振り回して私を叩いていました。

「どうして叩くの?」
「勉強しなさい。勉強が足りないから叩くの!」

そういう会話も思い出しました。

セッションの中休みに、真伊から「どうして叩かれるままになってるの?」と聞かれました。
叩かれて(あくまでも、本当に軽く“指先で弾く感じの「セッションの刺激」”)「やめて」とか、叩かれないように身構えたりしないの?、ということです。

やられているとき
「やめて」とか「身構える」とか

そういう発想は全くありませんでした。

その時は「フルコンタクト空手で身体を鍛えていたからかなあ。叩かれるのけっこう強いんだよ」と言ったのですが。

それから9年目の今、当時を振り返って思うのは
「確かに空手で身体の耐性があるのも本当。だけども、それだけじゃない事を理解しています。

「やめて」と言っても、やめてくれるはずもないし。
「身構える」と、悪い事をしたのに生意気な。と思われるだけだし。

要は「叩かれても、できるだけ叩かれるままになる」事が、一番“叩きが少なく、早めに終われる”のを期待できる。ということを叩かれながら、早めに終わるコツを5歳前後の私が身をもってわかったからです。

中休みが終わって、もう一回
呼吸によって、深く潜在意識に入っていった時は

先のと違って、短い学習定規で軽く刺激されました。

それも、耐えても耐えても延々と
実際は本当に軽く、ペチンペチンと叩いてただけなのですが。
私の潜在意識にある記憶が必要以上に反応してしまい「バシバシ!」叩かれている感覚になりました。

眉間にシワ寄せて「親不孝もの!」「悪魔!」と叩き続ける母親の目つき。
ひんやり冷えた和室の畳。柱の木目。木目に付いた生活の傷あと。
叩かれながら、チラチラとみていた“時計”

・・・そして、ペチペチした刺激が
竹定規のバシバシ!にどうしても感じてしまったとき

大声を出してしまいました。
「止めて!やめて!!!」と手を頭の前にかざし。

本物の母親だったら、その手かざしを
「生意気だね、この子は!」と、手の甲を竹定規の角で打つ。
とても恐ろしい思いが甦って、壁際まで逃げました。
あくまでもセッションなので、目隠ししたままのつもりでしたが。いつの間にか目隠しは取れていて“目を瞑ったまま”壁際に逃げて、壁をドンドン!叩いたりしました。

呼吸が終わった時点で
私は涙がポロポロ。鼻水が垂れまくり。
身体中、疑似性の痛みに包まれている。

本当に、ただの
軽くペチペチ刺激しただけで

小さい頃叩かれた感覚が克明に蘇り
涙や鼻水が垂れ流しになる。

ふとん叩きで、ほおを張られたこともありました。

などをここまで書いてきて思うのは。

「昔だろ?昔だったら、どこの家でもそういうことはあっただろ。私もそうやって育ってきた」という方が絶対いると思います。

・・・実は私もそうでした。

実際に、近所の友達が父親に張り倒されたりするのをあちこちで見かけたりしたこともあります。

だから
真伊から「それは『虐待』だよ。と言われても、ピンと来なかったのです。

・・・だけども、実はそうではなかったのでした。

実は3年前。
小さい頃、発音や勉強を一緒にやった友達の親に衝撃的な事を言われていたのです。

こころ呼吸と、この一言が
私の「教育のために叩かれてきた」という罪悪感と洗脳を解く切っ掛けとなりました。

それについては、続く内容で
しっかり書かせて頂きます。

今回もここまでお読み下さって
本当にありがとうございます。感謝です。

この記事を最後までお読み下さった事に、心より感謝します。
どうもありがとうございます(^o^)✨

自分の運命を本気で変えたい方。CoCoRo Mastersにどうぞ

観相師ふかマンのセッション
手相人相などの総合診察『観相』で
あなたという人の可能性と素質を見抜きます。
そして、何をどうしたらいいのかを明瞭にお伝えします。

【ふかマン観相、総合診察】
1時間 15.000円
【ふかマン手相、観相の中「手相」を診るのみ】
15分 4000円

問い合わせメール fukaman.flight@gmail.com

【ふかマン夫婦人生コンサル】
ふかマンの「観相学」と「スピリチュアルカウンセリング」
深谷まいの「こころ呼吸」がドッキング。
そして、ふかマン夫婦の全ての「直感力」と「知識」「経験」の伝授。
ふかマン夫婦があなたの人生を全力で手厚くサポートします。

【ふかマン夫婦人生コンサル】
お客さまに合わせて必要なニーズを提案致します。
興味ある方やピン!と来た方、問合せ下さい。

予約・お問合せ

 

アクセス

住所:東京都三鷹市上連雀3-9-9
電話番号:0422-24-6526

最新のブログ

  1. 2018.10.17

    補聴器
PAGE TOP