手相『運命線の様々な診方』

観相師ふかマンです。
おはようございます☺⤴

昨日は運命線の基本をお話ししました。
運命線が“ある人”“ない人”いらっしゃるのはご理解頂けたと思います。

今回は『運命線の様々な診方』
そのなか、“運のいい人”を幾つか紹介します😁

運命線がこの形している方。
この交差している相を『神秘十字』と言います。

こういう形で出ている場合は、真っ直ぐな運命線=自分に対する揺るぎない確信、自信。に加わって、良い行いも重ねているので『幸運』に護られている、とされています。
感謝の気持ち、善行を続けていくとまずまず運がよくなります。
運命線ある方で、この形しているのはよく見かけるので取りあげてみました。

次は私、ふかマンの事例。
めったにない運命線形なので、題材に取りあげてみました。

私の右手は二重運命線にして、老後は1本の運命線です。
二重運命線はかなり強運の相です。
この図の場合。生命線から昇っている運命線は若いときのものです。若いときは努力の人。惜しくは“押し出し”の足りなさ。
後から続く運命線は中年期で、人間関係に恵まれて運が開花。
感情線付近で、もう1つの運命線に切り替わっています。自己表現の巧みさで安定した晩年となります。

最後に『強烈すぎる運命線!』の事例をあげます。

どうですか。
中指まで運命線が伸びている!(歴史では豊臣秀吉が、この手相の持ち主でした)
図に書いた程ではありませんが。中指付け根を明らかに超してる方は数人診たことあります。
いずれも、強烈な自我に悩んでおられました。
中指付け根を超してしまう=自分に対する強い確信、自信。なので、融通が効かずにトラブルのもとになりやすいです。
こういう手相の持ち主は、務めて意識しながら人を尊重することで運が開けます。

運命線があるから、何とでもなる。
ではなく。
『感謝』を周りの方々にしっかりと伝えていく。こういうことは“運を継続していく”とても大事な事と、肝に命じておきましょう。

明日は『運命線の様々な診方』その続きです。
(運命の変わり目とされる内容とタイミングの話します😁⤴)

(追伸)
明日は『運命線の様々な診方』の予定でしたが。
明日は水木しげる先生(故人)の手相のお話をさせて頂きます。
詳しい流れは次の記事をお読み下さい。

いつも読んで下さって
本当にありがとうございます(^o^)v❤✨

この記事を、最後までお読み下さった事に感謝します。
どうもありがとう(^o^)✨

自分の運命を本気で変えたい方。CoCoRo Mastersにどうぞ

観相師ふかマンのセッション
手相人相などの総合診察『観相』で
あなたという人の可能性と素質を見抜きます。
そして、何をどうしたらいいのかを明瞭にお伝えします。

【ふかマン観相、総合診察】
1時間 15.000円
【ふかマン手相、観相の中「手相」を診るのみ】
15分 4000円

問い合わせメール fukaman.flight@gmail.com

【ふかマン夫婦人生コンサル】
ふかマンの「観相学」と「スピリチュアルカウンセリング」
深谷まいの「こころ呼吸」がドッキング。
そして、ふかマン夫婦の全ての「直感力」と「知識」「経験」の伝授。
ふかマン夫婦があなたの人生を全力で手厚くサポートします。

【ふかマン夫婦人生コンサル】
お客さまに合わせて必要なニーズを提案致します。
興味ある方やピン!と来た方、問合せ下さい。

予約・お問合せ

 

アクセス

住所:東京都三鷹市上連雀3-9-9
電話番号:0422-24-6526

最新のブログ

  1. 2018.10.17

    補聴器
PAGE TOP