沖縄戦、という呼称はおかしい?

皆さん、おはようございます。
観相師ふかマンです。

最近続いている
『守護霊さんとのつきあい方』シリーズ。

今日は
“頑固なふかマン”がどうやって
牛島満さんを守護霊さんだと認めたのか、を
お話しする予定でした。が

先ほど、久々に守護霊さんから
具体的なメッセージを頂きました。

その事を書きます。

先ほど、守護霊さんから教わりました。

『沖縄戦』という呼び方はおかしい。と

『沖縄防衛戦』という呼称が
あの戦いの性質本来のものだということです。

祖国のひとつ、沖縄を護ろうとしたのだから『防衛戦』でないとおかしな事になる。

また、その名前を元から今まで使っていれば
今の沖縄の人たちの沖縄で起こった戦争に対する気持ちもまた違ってくるはずだとも。

硫黄島も本来なら
『硫黄島防衛戦』だとも言っておられました。

千島の北から沖縄、小笠原などは確実に古来からの日本のものであるから
そこで戦った場合は『祖国防衛戦』であると。

…なるほど。
その事を忘れていました。

確かに我々は沖縄を護るために戦ったのですから
単なる『沖縄戦』というよりも
『沖縄防衛戦』という方が断然納得いきます。

この教えを受けて、こう思いました。

日本領土内で戦った場合は
『何々防衛戦』

日本領土外で戦った場合は
『何々戦』

というに区分けを明確にする事も
歴史を正しく理解する手助けとなるだろうと思いました。

原点を思い起こさせて下さった事に
感謝します。

守護霊さま、ありがとうございます。

明日は昨日の続きを書きます。
楽しみにお待ち下さい。

書いていることが、あなたと守護霊さんとの関係強化に繋がらんことを心からお祈りします✨☺✨

アクセス

住所:東京都三鷹市上連雀3-9-9
電話番号:0422-24-6526

最新のブログ

  1. 2018.10.17

    補聴器
PAGE TOP