満月の願い事✨🌕✨

今夜のスゴい事になります。
日本中あちこちで“皆既月食”が観察できるのだそうです。

しかも!
そのお月さまは特別なもの。

スーパーブルーブラッドムーンと呼ばれるものなんだそうです。

まず、月が地球に近づき大きく見える
スーパームーン。

月に2度やってくる、ブルームーン。

そして、今夜!
月食が起こるブラッドムーン。

【皆既月食の時間】
20:48頃から欠け始め、21:51頃に皆既蝕となり、22:26の満月時間を経過して、23:08頃まで続きます。

そこで!
私たち、CoCoRoMastersから
是非とも皆さんに知って欲しいことをいまから書きます。

実は✨🌕満月の願い事🌕✨というのが
存在しています。

今夜は獅子座の満月。
それも、翌月が水瓶座という。

今を生きる、力強い自分である
今夜の、獅子座の満月。

未来の可能性を生き、
常にとらわれることのない自由を生きる
今夜からの、水瓶座のシーズン。

お月さまのタイミング。
月の変わり目のタイミング。

本当に、とても特別なタイミングです。

この非常に特別なタイミング。
是非、この機会に満月の願い事について知ってみませんか。

長い文章ですが、この知識はきっと皆さんのお役に立つことでしょう。

さて、以後をどうぞ。

✨🌑新月の願い事🌑✨というのは
結構知られています、が。

満月の願い事、って
まだまだそんなに知られてないのです。

実際、周りの人にも聞いてみたのですが。
誰一人知ってる人居ませんでした(汗)

新月の願いをしたならば、満月の夜も願い事をしないと、ちゃんとした願い事の効果が弱まるという事実はもっと知られてないのです。

新月の願い事=『願望』💤🎠💤🎋
満月の願い事=『結果』🎯✨🎊✨

新月の願い事だけ伝え。
満月の願い事はしない、ということは。

言うだけ言って
結果をほったらかし、する事になります。

新月のお願い事の結果をしっかり出すには
満月の日にもしっかりお願い事する事がとても重要です。

満月は円満に輝いているもの。
総てが満ち足りている景色を私たちにも魅せてくれます。

新月の時にお願いした事も、その満月に満ち足りて「願い事は叶った!」と魅せてくれるのが“満月”です。

満月の願い事をしっかりしておかないと、新月でお願いしただけのしっぱなし。
満月で、その結果を受け取らないということになります。

それはあまりにももったいないですよね。

新月の願い事+満月の願い事

この二つはセットになってる、と
理解下さい。

では、ここら辺から
『満月の願い事』の仕方を説明します。

今夜という、時間が厳しいかもしれないけど。
大事なことなので、がんばってやっちゃいましょう👍😆👍❤

【満月にすること】

1.『反省する』

では、この満月では何をすればいいのか?
それは「反省」です。

新月で願った内容が「実現した・していない」に関係なく、満月のタイミングでその結果を“しっかり受け止め「反省」”します。

反省と言っても「ごめんなさい」と謝る反省ではありません。

ここでいう、反省とは。
「自分の行動」や「あり方」を振り返って、「改めて考える」ことを言います。

その「改めて考える」
【満月の日】にやる、具体的な事は「自分の振り返り」と「振り返りに対する、改善案」、それぞれを出すこと。

この2つをすることで
新月で願ったあなたの願いの実現力が、グン!と飛躍的に高まりますし、あなた自身もその願いに相応しい人物へと成長していきます。

その具体的な方法を、次の章「満月での願い事の方法」でお伝えします。

2.『満月での願い事の方法』

満月で願い事をする手順としては
5つのステップがあります。

一つ一つを楽しみながら、クリアしていきましょう。

Step1.振り返り

少々の誤差はありますが、新月から満月までの期間はおよそ14日間。

最初にすることは、新月から満月までの14日間で、どのようなことがあったのかを「振り返り」ます。

もしあなたが『新月のお願い事』の時に
“願い事リスト”を作成していたら、それを手元に持ってきて下さい。
その願い事リストの中から、願いが叶ったものと叶っていないものを分けて印していきます。

Step2.自分を褒める

あなたの新月のお願いは、この満月のタイミングでもうすでに結果が出て、叶っていましたか?

もし願いが叶っていたら、夢を実現した自分を思い切り褒めてあげましょう!
できればその褒め言葉を文字にして紙に書いてください。

「〇〇を実現した私は天才!」「〇〇になれた私は最高!」「〇〇出来て私って凄すぎる!」「○○をやり続けた私、えらい!」

どんな賞賛の言葉でもOKです。

普段、自分を褒めることはあまりやらないかも知れませんが。
ここではもう、思い切り褒めてあげましょう!

これをしっかり実践することで「願い事の叶い癖」をつけることができます。

願いが叶うことは良いことで、素晴らしいことなんだと心に理解をさせるのです。

Step3.改善案を考える

次にもしまだ叶っていないお願い事がある場合。そのお願い事を実現するための改善案を考えます。

なぜその願いは叶わなかったのか?

お願いのハードルが高すぎた。やる気が継続しなかった。本当に叶えたいお願い事ではなかった等など…

考えると、様々な理由浮かび上がってくると思います。
その『理由に対しての改善案』を考える。

例えば

願い事のハードルが高すぎた、と感じたなら。もう少しハードルを下げたお願い事にして、段階段階で実現できるようにする。

やる気が続かなかった…と感じるなら。どうすればやる気が維持できるのか考えてみましょう。

このように、満月のタイミングで叶わなかったことをそのままにするのではなく。
『自分がどのように変化』すれば、その願いの実現に近づけるのかを考えるのです。

Step4.願いを書く

叶わなかったお願い事に対しての『改善案』を考えることができたら。
次は新月の時と同様、改善案もお願い事として紙に書きます。

その際。できました。やりきりました。など『過去完了形』で書き、最後にそれらの“願い事が叶った”事に感謝します。

例えば、
「やる気を継続させるために、毎朝瞑想をして初心を思い出すようにした結果、〇〇の願いが簡単に実現しました。ありがとうございました。」

Step5.実際に行動する

このステップが最も大切です。

願い事というのは、願いを書くだけでは叶いません。

行動をしてこそ、願いは叶います。

満月から次の新月までの期間はおよそ14日間あります。

この14日の間に、Step.4で書いた改善案を実際に行動してください。

3.『満月のお願いルール』

新月のお願いのルールと重なりますが、とても大事なことなので再度確認をしてください。

3−1.願いは8時間以内に

新月同様、満月の時も“満月になった瞬間が最も願いに適し、満月の瞬間から8時間以内に願いを紙に書くのが理想“です。

遅くとも、満月から48時間以内には必ず書くようにしてください。

3−2.お願いは満月を過ぎてから

満月になる瞬間の時間。
その時間を越える前に満月の願い事をしようとしても、それは実現しずらくなります。
必ず満月の時間が過ぎてから、振り返りをするようにしてください。

3-3.満月のボイドタイムは避ける

今回、1月31日の満月にはヴォイドタイムはありません。

ですが、他には発生することがあります。
願い事をする場合は必ず『満月の願い事』カレンダー等をご自身でチェックしてみて下さい。

ボイドタイムという魔の時間が月にはあります。
この期間中は願い事には適していませんので、避けるようにしてください。
もし、ボイドタイムを避けた結果として。満月から8時間を過ぎてしまった場合は仕方がありません。そういう月のタイミングです。
48時間以内に願いを書くようにしてください。

アクセス

住所:東京都三鷹市上連雀3-9-9
電話番号:0422-24-6526

最新のブログ

  1. 2018.10.17

    補聴器
PAGE TOP