私と守護霊。改め、主護霊さんとのつきあい方

うーん、困ったなぁ。
昼間は暑いから、深夜のうちに洗濯物干ししたい。
だけど、さっきから通り雨が降ったりやんだり…
干すタイミング…ブツブツ

( ゚д゚)ハッ!

皆さま、おはようございます
👋😆✨☀
観相師ふかマンです。

前回の続きです。

私の主護霊さんの正体は判明しました、が。
だけど、あまりもののことに
何かしらの働きかけで確定するまで暫く、保留することにしました。

そして、そのことがあってから1年一寸で石垣島から東京に戻って
杉並区高円寺に住み始めました。

そこを根城に、様々な方々と交流してきました。

その中には霊能者方々も含まれます。

そしてある時。
その場で交流していた霊能者さんから
「あなた、陸軍の軍人さんが守護霊についてる」と言われました。

ちょうど良い。
私もこの方ではないか?というものがあるのだけど、ちょっと大物過ぎてるので、あなたにも確認を願いたい。

と、霊能者同士の“霊視交換”をしました。
向こうもなに何かしらで、必要な意見を求めてらっしゃいましたので、丁度良かったのです。
(私からの霊視については、本稿から外れる話なので割愛)

相手の霊能者さんからの霊視。
「この人は九州の南側出身」
「中国に命令する立場の兵隊さんとして行った」
「兵隊さんというよりは、学校の校長先生みたい?」
「あれ?沖縄、沖縄に行って、一番偉い?その後はみえない。分からない」

というものでした。

最後に、お礼を言いつつ。
「この中、どなたか?」
と、様々な陸軍将軍の写真を見せたらば。

「この人、この人だと思う」

と、この写真を指差しました。


写真の方は「牛島満」という、帝国陸軍将軍閣下です。
生涯最後を、沖縄島防衛戦で戦い抜き戦死してます。
詳しくはこちらを参照下さい。

帝国陸軍軍人 牛島満

瞬間、私は深く息を呑むのとももに
「大層な方がいらっしゃった」と畏れを感じました。

先の霊能者さんは
戦争のことなど、広島の原爆や東京大空襲位しか知らない人です。

そういう人が、沖縄の戦争での
日本軍一番上位にあたる総司令官のことなどを
詳しく知るわけはありません。
私もこの話の後から「中国にも行っていた」事を知りました。

それでも、私は疑り深いので
もう少し何かしらの証拠が欲しい。と思っていました。

すなわち、また「保留」をかけたのです(苦笑)

それがとうとう
確信を受け入れざるを得ないときが来ました。

この頑固者のふかマンが
何を切っ掛けにどう認めたのか?

それは、明日に続きます。
もう暫くお付き合い下さい。

アクセス

住所:東京都三鷹市上連雀3-9-9
電話番号:0422-24-6526

最新のブログ

  1. 2018.10.17

    補聴器
PAGE TOP