観相『こわい地名』(東京編)

皆さま、おはようございます。
観相師ふかマンです(^o^)v✨

今日は前日の約束通り
実は…怖いその地名、をやっちゃいます!

「ふふふ、恐いか?」

ま、さて。
聞いたようなないような台詞はさておき。

いきましょう!
東京地区限定に絞ってみました。

『遣水』
「八王子城址」近くに遣水(やりみず)という地名があります。
合戦で血まみれになった槍を洗った場所というのがその由来。

『恋ヶ窪』
「国分寺」~西武線で所沢に行く途中にある、ロマンチックな名前の駅と地域。
元々の名前は『肥ヶ窪』。その肥…お分かりですよね。

『泪橋』
「南千住」付近にある昔は実際の橋、今は交差点の地名。
江戸時代、小塚原の刑場へ向かう受刑者が見送る者と涙ながらに別れる決別の橋。

『病ヶ沢』(ヤマイガサワ)
奥多摩町日原、川苔谷の支流、逆川の奥にある。
周囲はかなり広い手付かずの山林。
ここの山を買うと必ず病気に罹ったり死人を出すという。
町が買い上げ町有林になり、名前も『病まぬヶ沢』にしたが、誰も関わらないという。

…うわあ、書いてて怖くなってきました
((( ;゚Д゚)))

お口直し。
怖い話は止して、最後に一言うんちく話❤

『東京』という地名。
京都~江戸改め、東京に明治天皇陛下がお住まいを移されたため、東の都(みやこ)。東の京都という意味を込めてそう呼ばれることとなりました。

え、そんなことは知ってる。

そうですよね。
当たり前な話題を振ってしまいました。

…ては、こんなのどうです?

「東京」はかつて、二通りの呼び方があったということをあなたはご存知でしょうか?

いまに至るポピュラーな呼び方は
もちろん「とうきょう」

そして…もう1つの呼び方は
「とうけい」

こちらの「とうけい」は
明治時代に使われていたそうです。

“きょう”という呼び方は、京都の“きょう”だけ限定!
という、当時の人たちの拘りでもあったのかなぁ(笑)

詳しいことはこちらに載ってます。
『東京』の読み仮名は「トウケイ」ホント、ウソ?

アクセス

住所:東京都三鷹市上連雀3-9-9
電話番号:0422-24-6526

最新のブログ

  1. 2018.10.17

    補聴器
PAGE TOP